センシティブの最高峰は今年の目標か!?

AIが勝手に突っ走るし、人力車を電柱にぶつけた!さぁ、如何する!なんて事になる事もあると思います。だってオートメーションですからね。

そんな後の時代はすぐそこまで来ていそうです。。

2018馬歯もあっという間に創始、お労役ご苦労な来る日も来る日もが続きます。引き続き輪の後の時代に注目したい2018中寿です。

まだまだ空を飛翔段階ではないとは思いますが、AIが車体を運転してくれて、テレビを見つつ、睡眠を取りかたがた、遼遠目的地につく。こぞに引き続きですが、この年もどんな小さな事故でも気をつけて、事故ゼロ運動を掲げていこうと思っています。

もらい事故も嫌なものですが、気をつけて周囲に気配りができるドライバーを目指します!ところで、今歳は、更に乗合バスAIが加速していきそうですが、どの格まで法整備が行軍かも来たいです。しかし、運転が首っ丈な万物の霊長もいる為、色んな意見がありますね(笑)身の毛が弥立つのはAIの不具合などで事故が起こった時局は、どのようになるのか?職務の所在はその車夫の俥のありとあらゆる方なのか!?その周りもとても気になるところです。

センシティブ技術もこれからこれからなので、まぁ、色んな意味でフィードバックを入れつつ楽しみではあります。

乗り換えの際は、一度査定を検討してみるのもいいかもしれませんね!


都内の車査定ランキング!車の高額査定をするならココだ!【完全版】

憧れた車達!

 

い昔、いつ車は空を飛ぶのかとワクワクしていたものです。

映画ではいつだって空を飛んでワクワクし、

タイムスリップでタイムトラベルにワクワクし、

いつかいつかと待ち望み。

しかし、現在でもそれは叶わず。

技術がいかに進化し、進歩してもまだまだのようですね。

しかし、情報だけは昔よりもやっぱり多く取り入れられる用になったと思います。

頭のいい人たちがその仕組を作り、あれよあれよと実現していっているのです。

きっとそのうち、空は飛べるようになりそうですね(笑)

そして、長距離移動も瞬間的とまでは行かないにしても、ものの数分、いや数十分で海外に行けたり、

宇宙にだって行けたり、、

そんな未来はきっと遠くないはずです。。。

さて、当時憧れた車はたくさんあります。

もちろん、国産車から外車まで様々です。

学生の頃、分厚い中古車の情報誌しかなかった時代。。

まだインターネットなどはなく、本当に分厚い辞書のような本をペラペラ見るのが楽しかったのです(笑)

コレがこんな価格!

コレはこんなにするのか!

などと、よく友人たちとタバコをふかしながら語り合ったのが懐かしい(笑)

高く売れる車査定はこちら